• iPhone7sに着信拒否機能が盛り込まれ便利になった

    iPhone7sに搭載されているオペレーティングシステムには幾つかのバージョンがあり、様々な面で徐々に洗練されて来ている模様です。


    そしてそのオペレーティングシステムの、バージョン7から出来る様になった事の一つには、着信を拒否等が出来る様になりました。

    一般的に着信拒否をすると言えば、余り関わりを持ちたく無い人物である事が分からない内に、仕事の連絡等の理由で携帯電話の電話番号を教えてしまったという事はあるかも知れません。
    一度や二度の電話で用事が済み、電話が掛かって来ないというのであれば、特に問題は無いかも知れませんが、常軌を逸して電話を掛けてくるという場合には、携帯電話キャリアが用意した着信拒否という機能を利用すれば、着信を拒否する事は可能です。

    但しこの方法では、通信拒否は可能ですが通話して来た者に嫌悪感を与えてしまう可能性はあるでしょう。


    そこで、不要な電話を着メロやバイブレーション等で知らせる事なく、かつ電話をしつこく掛けて来た人にも嫌悪感を与えずに電話を切らせるという方法がiPhone7sにはあります。

    iPhone8の機種変更について詳しく知りたいならこちらです。

    その方法とは、意図的に留守番電話サービスを使用しない設定にしておくというものです。すなわちこの様な設定で、電話を良くする人であれば単なる通話中であると考えるでしょう。

    Yahoo!ニュースの情報収集ができます。

    もしどうしても、様々な電話から電話を掛けて来るという場合には、まず電話が鳴る前にiPhone7sで会話を録音するアプリ等を起動しておくと良いでしょう。


    そして、迷惑であるから止めて欲しいとはっきり伝えそれを伝え、会話を録音している事を仄めかします。

    そうなれば証拠も残る訳ですから、安心してiPhone7sを利用出来る様になるでしょう。